DIYCITYトップ画面へ TOPへ
ACE HARDWARE
Carhartt
木材
工具
住宅設備
クラフト
エクステリア
塗料
DIY専門誌


監修

■山田 芳照
DIYCITY代表
DIYアドバイザー
ホームセンター達人
DIYプロダクション代表

<プロフィール>

テレビ番組出演も多くDIYブームの仕掛け人として活躍している。DIYに関する出版も多数。また、イベントなどでの講師経験も豊富。2011年にDIY女子部を立ち上げた。


 鉄製のものを置いたままにしてその形のサビがついたとき

洗面台のサビ 洗面台の上にヘアピンや鉄製の缶などを、うっかりおいたままにしたとき、サビが発生して、そのサビが下に移ってしまうことがあります。これをもらいサビといいます。

 軽いもらいサビの場合は、「ジフ」(日本リーバ)などのクリームクレンザーをストッキングかアクリルたわし、布などにつけてこすれば、落とすことができます。ただし、ひどくなるとこれでは落ちません。そのときは『水が落ちるところにできる茶色のシミ』と同じ方法で取ることができます。

 どうしても落ちない汚れは耐水サンドペーパーで

洗面台のサビ落とし 石けんつきスチールウールでも落ちない汚れや、毛染め剤がついて時間がたったものなどは、耐水サンドペーパーの1500番を使えば、落とすことができます。

 耐水サンドペーパーを7センチ角ぐらいに切って使いますが、ハサミを使うと刃を痛めるので、破るかキッチンバサミを使うようにします。またペーパーの紙の面からカッターで切るのも方法です。

 汚れを落とすときは、ペーパーに水をつけ、手を洗う普通の石けんをつけてからこすります。これでガンコな汚れもみるみる取れてしまいます。
=== ACE HARDWARE人気商品 ===

=== Carhartt人気商品 ===

Copyright (C) 1997 DIY CITY All Rights Reserved. Designed by Dyna City Corporation