SSLについて

SSL(暗号化)の必要性について

普段、皆さんが利用しているインターネット(非SSL)は、簡単に他の人にのぞかれてしまう可能性があります。それは、はがきを手渡しで届けているように誰でも読めてしまうような形式です。つまり、悪意のある人には情報を簡単に盗まれてしまう可能性があります

しかし、伝える内容自体を暗号化(SSL)していれば、途中の配達をしてくれる人にも中身を読まれません。これは封筒に手紙をいれてしまうような形式です。【SSL】は情報を暗号化することで、データの盗聴や改ざん防止送受信する機能のことです。【SSL】を利用する事でより安全に情報を送信する事が可能となります。

policy-btn2

SSLの画面を見分ける

SSLを利用したウェブページは、ホームページアドレスが「http://」から「https://」になり、インターネットエクスプローラであれば、右下に鍵マークが表示されます。

policy-btn5

SSLとは

Secure Socket Layer の略で,暗号化された安全な通信を提供します。 インターネットのウェブサービスにおいて、サーバ⇔クライアントPC間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできるようにするために、米Netscape Communications社が開発したセキュリティ機能付きのHTTPプロトコルです。

DIYCITYでは

DIYCITYではサイト内全てのページにSSLを用いた暗号化を施しており、お客様・出店者様の両方について安全性を高めています。

この文書は、2016年7月1日に作成されました。